適度な運動方法を見つけよう

幼い頃から激しい運動をしている場合、関節の軟骨が急激にすり減っている場合があります。このことからわかるように激しい運動をしている人は、関節痛を引き起こす可能性が非常に高いといえます。

スポーツマンは要注意が必要

健康維持するために運動している人が多く、スポーツマンは関節痛とが無縁だと思われていることが多くあります。しかし運動していない人に比べて体にかかる負担が大きいため、関節の軟骨が急激にすり減り関節痛を引き起こす場合が考えられます。
運動することで体の健康状態を維持することはできますが、その分関節等の軟骨が急激にすり減っていることを忘れてはいけません。心肺機能などを高めるために運動すると効果が大きく上がりますが、運動支えるために酷使されている体の関節等は大きなダメージを受けていることがあります。
運動=健康と言う概念は、今となっては大きな誤りがあると言っても過言ではありません。運動することで心配機能など生命を維持するための動機関係の強化にはつながりますが、関節などの運動を支える部分は大きなダメージを受けています。
そのことを踏まえた上で激しい運動を長時間やるのではなく、今の自分の体に合った運動量と運動時間を適切に守ることが重要です。運動する中でも1番体に負担のかからないスポーツは、水泳と言われているので水泳を中心に運動するのが1番良いと言われています。
正しいフォームで泳ぐ事は体の心肺機能を大きく成長させるだけではなく、関節等のダメージも最小限に抑えることができます。健康維持するために必要な事は体に与えるダメージが最小限のもの選び、正しいやり方で正しい時間体を動かすことが何よりも大切なことだと言っても過言ではありません。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP